博物館通り賑わい創出計画

商店街としての博物館通りを残し、当時の賑わいを少しでも取り戻そうという長年の取り組みが実を結び、平成24年度から「博物館通り賑わい創出プロジェクト」が始動しました。福井県や敦賀市などの行政機関と地元商店街などが連携し、道路の石畳化や電線の地中化、古い町家の改修などの整備が行われました。そして平成25年10月に改装した町家に新しく3軒のお店がオープンしました。

旧大和田銀行本店(現市立博物館)

旧大和田銀行本店(現市立博物館)

博物館通りが賑わいを見せていた昭和2年、大和田銀行本店が博物館通りに建てられました。
大和田銀行の創始者、大和田荘七が国際港に恥じない建物をとの思いで建設した地上3階地下1階の白亜のビルディングは、当時の新聞で「摩天閣」と紹介されています。
1階はロビーや窓口、2階には重役室や応接室、会議室、3階には舞台を備えた集会場などが設けられ、地階には金庫や食堂などがありました。屋内は大理石がふんだんに使用されており、当時北陸では非常に珍しかったエレベーターが設置されていました。 通りの賑わいを伝える大和田銀行は、昭和53年から「敦賀市立歴史民俗資料館」となり、敦賀の歴史と文化を伝える施設として甦り、平成5年からは「敦賀市立博物館」と名称を変更しました。

SHARE THIS PAGE via SNS


アクセス敦賀博物館通りへのアクセスについて

敦賀駅より
バス 10分(ぐるっと敦賀周遊バス「水産卸売市場」下車) + 徒歩 約2分
徒歩 25分
福井駅より
電車 JR特急 約40分
車 北陸自動車道経由 敦賀ICより約10分
大阪より
電車 JR特急 約80分
車 名神高速・北陸自動車道経由 敦賀インターより約10分
東京より
電車 東海道新幹線・北陸本線 約180分
車 東名高速・北陸自動車道経由 敦賀インターより約10分